「人々の心の中に眠る明菜への思いを呼び起こそう」 中森明菜デビュー40周年記念広告の制作秘話

作者:Canisi   按這裡閱讀中文版本     「40年もの長い間、歌をみがき続けて今や頂点に――」現在の明菜は、私たちの目にはまさにこう映る。これまでの歩みをふり返ると、彼女は一度も自分に限界を決めたことはなく、自らの壁を超え続けて、アイドルから歌手へ、そして歌姫へと進化してきた。私たちは彼女の洗練された美しさに心を引かれ、類いまれなる才能にため息をつき、艶やかな歌声に感嘆する。でも、もっと愛すべきは、彼女はその活動に波があろうと、歌への熱意を忘れたことはなく、好きな音楽をいちずに追求していることだろう。人生の年輪が刻まれても、彼女の「美しさ」が色あせることはない。だから、私たちも彼女に寄り添い続けるのだ。その努力は称賛に値することを、明菜自身にも分かっていて欲しい。   しかし、新型コロナの拡大で世界の状況は変わり、この2年間は芸能活動にも影響があっただろう。ファンクラブ会報に掲載された明菜直筆の手紙からは、彼女の感じる寂しさやファンへの気づかい、そして目の前の状況に対する無力感が感じられる。私たちは何とかして彼女を励まし、大勢のファンが応援していることを伝えたいと思う。   明菜は人々の心の中に住み続けている。彼女のファンには若者も大勢いるが、何といってもその中核をなすのは、1980~90年代に明菜に夢中になった世代だろう。それ以降は、もしかしたら生活の忙しさや環境の変化、出産育児などさまざまな理由から、彼女の歌に耳を傾けることを忘れてしまったかもしれない。でも、明菜の名前を聞きさえすれば、歌声が心によみがえるはずだ。それは、反抗心のこもった「少女A」かもしれないし、硬派な「十戒」かもしれない。あるいは、聞く人の心を揺さぶる「DESIRE」や、失恋の悲しみを歌った「難破船」かもしれない。ファンであれば、繰り返し聞いた歌詞がよどみなく思い出されるだろう。   それならば、かつて心を熱くしたその明菜への思いを再び呼び覚まし、みんなの気持ちを彼女に届けることができたら、どんなに良いだろう。   こんな思いを込めて、私たちは広告を制作した。そして、広告の完成に私たちは喜んだが、人々の心の中に眠る明菜への思いを呼び起こし、もう一度その歌声に耳を傾けたり、明菜の最近の楽曲を購入したりする人が増えるなら、もっと嬉しいと思うようになった。   最後に、明菜の「I Hope So」から、筆者が好きな歌詞を引用してお届けしたい。   GET…

Continue Reading →

喚醒心中的明菜 – 40週年慶祝廣告製作點滴

By: Canisi   本文刊出之時,為明菜慶祝出道40週年的廣告已在銅鑼灣華麗登場,希望大家和我們一樣,都喜歡這次特別的體驗,也讓我們Diva Akina群組在此跟大家分享一點心聲。   40年是不短的歲月,以磨一藝,足達巔峰。在我們眼中,明菜正是如此。回顧明菜的軌跡,她從來沒有為自己設限,不斷打破框框,由偶像蛻變為歌手,再進化為歌姬。我們傾心於她脫俗不凡的外貌,驚嘆於她創作形象的才華,折服於她層次細膩的歌藝,但或許最令我們深愛的,是縱然她的事業發展有高有低,但她始終貫徹自己對歌唱的熱愛,並且追逐自己喜歡的音樂。歲月雖然在她身上刻上了印記,但沒有磨蝕她的「美」,我們也因此緊緊相隨,希望她明白自己的努力,絕對有得到欣賞。   不過,這兩年世界境況驟變,明菜的活動難免也受到影響。閱讀她在歌迷會會報內的親筆信,字裡行間,均流露出她的寂寞和對歌迷的掛念,以及在目前狀況下的無力感。我們很想為她打打氣,讓她明白還有很多歌迷願意送上支持,那麼在她出道40週年的大日子,自然更應該大肆慶祝。畢竟只要是為了明菜,Diva Akina群組是甚麼都做得出來的(笑),就算多麼異想天開,我們都會盡力嘗試,就像她對待歌唱演出的態度一樣,只求效果令人滿意。   我們深信,明菜其實居於很多人的心中,除了較為年輕的歌迷,更多的可能是80、90年代傾聽明菜的朋友,其後大家或許因為生活繁忙、環境轉變、生兒育女等不同原因,暫時放下了明菜,令她只能邊處一隅。不過,只要說起明菜,大家可能會即時在腦海內浮現出鮮明的歌聲,是叛逆的《少女A》?霸氣的《十戒》?澎湃的《DESIRE》?還是惹人憐惜的《難破船》?甚至一段段不知道聽了多少次的歌詞,都能琅琅上口。   如果能再次凝聚大家對明菜的支持,回想起那個在過去日子之中,喜歡明菜的自己,那會有多好?   有了這個目標,再經過討論,我們很快就有了製作戶外廣告這個令人眼前一亮的計劃,並且鎖定了銅鑼灣五塊廣告版的位置。接下來,就是實際行動的細節,包括跟廣告代理聯絡、實地考察廣告版、了解製作要求,構思影像和文字意念等等,全部均有組員負責。   當中最困難的工作,或許是選取廣告播放的照片,畢竟要從明菜海量的照片和影像之中,只選取17張來展示,而明菜每張照片都是那麼漂亮可人,要怎麼選?大家討論時想法多多,最後還是盡量選取不同年代、不同場合、造型各異、表情豐富的照片,來代表明菜40年來的轉變,並且配合廣告的主題「不斷蛻變,感動依然」。   順帶一提,左前方和右前方主廣告版上的文字變化,分別為:…

Continue Reading →

自製ちび菜(Chibina)痛車40th Anniversary Edition

By: nkkken   近年公私兩忙,加上對新一代電視遊戲的實時演算繪圖很易感到「3D暈」,就算家中的遊戲機是最新一代型號,大部份時間都只是封塵。最近推出的<Gran Turismo 7> (GT7 / グランツーリスモ7),卻意料之外地令我廢寢忘餐。   Gran Turismo(跑車浪漫旅)是最有名的賽車遊戲之一,系列的賣點為真實的駕駛操作感及逼真艷麗的畫面。遊戲開發商花了大量資源,量度了所有出場車款外觀和動力系統的真實數據,有傳同一位車手在現實和GT遊戲中在同一條賽道駕駛同一款跑車,錄得駕駛一圈的時間幾乎是一樣的。   之後小弟發現有玩家在GT遊戲中製作了「拉花痛車」,驚訝不已。此「拉花」並非咖啡奶泡,英文Livery的音譯是也,賽車拉花指的就是車身上的塗裝圖案。而「痛車」就是將動漫作品人物的圖案,以彩繪或貼紙等方式裝飾外觀的車輛。   一直以為GT的機能只能製作單色圖形拉花,原來連彩色人物圖案也能貼上車身。我怦然心動,萌生一個大膽的想法:就算不能擁有真實的「ちび菜」痛車,在虛擬世界裏製作一輛幾可亂真的痛車,紀念姬樣出道40周年也不錯呀!   「ちび菜」(Chibina)是源自人氣強勁的明菜彈珠機,拜明菜魅力所賜,此彈珠機十多年來不斷推出新版,去年的版本是「歌姫伝説~THE BEST LEGEND~」。…

Continue Reading →